読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合郁人とA.B.C-Zが最強

A.B.C-Zのパフォーマンス力に惚れ込みました。中でも河合くんのダンスと歌と芝居が大好きです

えびに堕ちるまで

さてっとブログの形がやや落ち着いたところで。
私が郁人とえびに完堕ちするまでの短い歴史を書いとこ。

 

はじまりは2013年の遅い春~初夏だったと思う。

友人Sが一枚のDVDをくれた。

それが「Twinkle Twinklw A.B.C-Z

彼女はもともとリア友であり今ではジャニオタ仲間。
(…といっても私はまだまだオタのレベルではないが)

しかし私はそのDVDをだいぶ放置していたと思う。
いや、一回は見ようとしたんだよ?
でもオープニングいきなりコントが始まって、
残念ながらそこに食いつくことができなかったんだよね。
(今ではもちろんコントも大好物)

そして約3ヶ月後、彼女と食事に行くことになり、
「あ、一応感想とか言ってあげよかな(^^;」と思い、
やっと全編を見るに至った。

…とは言え、そこでいきなりハマったわけではなく、
感想としては「皆ダンスうまいなー。揃ってるし~!」と、
「ピンクの人がカッコイイ」。

 

しかしね。

何かが匂ったのは確かなようで。

その後たま~~~~~に取り出しては見るようになり、
そのスパンがだんだん短くなっていく。

見れば見るほどダンスの揃い具合がすごいし。
1曲目かわいいし2曲目カッコイイしそのギャップもステキだし。
デスペ全体の世界観や色合いとかがものすごくツボだし。
メイキングも含め、
「あれ?? なんかこの人時々すごいカッコよく見えるんだけどなんで!?」
と郁人に注目しだす。

夏の終わりくらいかな?
音源が欲しくなって彼女にメールすると、
別の曲をくれたのでしばらくそれを聴いていたけど、
どうしてもTwinkleとDesperadoが耳元で聴きたくて自力で作成、
聴いてみたら衝撃。「うわーー!この子(りょーすけ)めちゃ上手いなぁ!」

10月13日より、えびちゃんずーも自然に毎週録画に設定。

そして届いた彼女からのメール。

「年明け、ジャニワ行かない?」

 

う・わーーーー来ちゃった!!!!というのが最初の気持ち。

彼女には何回かカウコンには誘われたことはあったんだけど、
それ以外の舞台は始めて。
もちろん、私が確実にえびに傾いてるのを知ってのことではあるけれど、
彼女もまだ確証は全くない状態だったはず。

 


ここで、私は覚悟を決めました。

 

 

嵐に堕ちるまでは、どちらかと言えばジャニーズは好きじゃなかった。
それでも嵐を見ていると、自然と他のグループも目に入り出す。
ここ数年漠然と思っていたのは
「見たら絶対好きになる。できるだけ見ないようにしよう」。
それでも2012年頃からは、
歌番組での他のグループの出番がだんだんとハードから消せなくなってきてはいた。


が。

えびは他のグループが何年もかかったことをわずか3か月程度で成し遂げ、
更に軽~~く飛び越えて、
一気に私の懐に飛び込んできたのだ。

 

これは諦めるしかないでしょう。

 

その後はもう文字通り転げ落ち。

この記事を書くにあたって彼女とのメールを遡ってみたけど、
残念ながら2013年の9月27日からしか残っていなかった。
いくつか拾ってみると…。

9月27日
砂のグラスにおける、りょーすけのバク転にダメだし(笑)

10月13日にジャニワの誘い。
この時点でカミングアウトしたため、すぐにジャニーズ伝説のチケを彼女が入手してくれる。

10月16日
おそらく「イエナイYO!」見た後か、「郁人で間違いない」と発言。

26日
北山とのジェネ天では「意外とくっそかわいかった」。

11月5日
天下統一でのはしふみ。
はしが可愛かったのはもちろんのこと、髪切った郁人に大興奮。
「他人のルックスでこんなに興奮したのは大野さん以来!」とまで。

11月20日
スター劇場入手
それまで見ていたMVやバラエティとはかなり違う、
「イキイキしすぎてる!」ふみとつごつかに泣く。
衝撃だった。
「私は、何もわかってなかったよ」。

その中でもやはり郁人に一番惹かれた私は
「これからテレビでどんなにヘタレな姿を見せられようと、笑って済ませられる」と。

今思えば、これが完堕ちの瞬間かも知れない。

 

彼女のおかげでジャニーズ伝説も行けたし。
その後のネバマイ露出祭も楽しく参加♪
カウコン行かなかったことを悔やんだりしましたが
トニトニは神席で鑑賞できたし。

1月21日にはとうとうワーホリを入手し、約2日間で鑑賞。
意外なまでのえびのわちゃわちゃ具合に
「参りました…」。

…そーだよ!えびはこんなにわちゃわちゃしてないと思ってたのに…・゜・(ノД`)・゜・


それ以外にも彼女には滝様の舞台のDVDや少クラの出演シーンなどなど
数え切れないくらいダビングしてもらったり貸してもらったり。
それでも「まだまだあるよー」と言っている…。
恐るべしジャニオタ。
そして持つべき友はジャニオタ(笑)

ちなみに彼女は10年以上?の戸塚担。
えびではなくあくまでも戸塚担だそうだ。

…私はやっぱ郁人担かなー。
次にえび担(笑)(ごめんえび)

でも最初に注目したのは郁人ではなくえびのパフォーマンスなので。
もしかしたら逆もあるのかも知れない…。

 


さて。
これくらいでだいたいつかめたでしょうか。
細かく書いたらまだまだあるんだけどもね。
これくらいでね(笑)

ちょっと文章とっちらかってるのはご愛嬌で、
もう上げちゃいま~~す(^^;!

 

 

※2月14日、3行ほど修正加えました。
 あとSさん、もしこれ読んでたらTの事だって気づくと思うけど笑ってやって(^_^;)