読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合郁人とA.B.C-Zが最強

A.B.C-Zのパフォーマンス力に惚れ込みました。中でも河合くんのダンスと歌と芝居が大好きです

ルードウィヒ・B メモよりちょこっと

舞台 良亮 郁人

まあ…年内にね…ルードウィヒのことは…整理せねばな…

って絶賛モーツァルト先生ロス中ですけどね!!!

 


公演中、気になってたけど書く機会がなかったことをいくつか。


ルードウィヒのお尻…。
登場時の衣装がさ…そういうカタチだったんだけどさ…。
お尻のフォルムがすっごく出ちゃってて。
更にはっしーが猫背にしている(役作りで)ものだから、
背中も丸く見えて…
…かわいかった…。


知念さんの歌とお芝居が毎回見事に安定していてすごかった。
決して揺るがない。


ハイドン役の藤井さん。
回を重ねるごとに芝居がノってきたのわかった。
最後の方の公演では、歓喜の歌、誰より身体を揺らして歌っていたのが印象的。


公演途中から、KUMAさんがえびネタをぶっ込んでくるようになったけど、
あれはどうだったのかな?
えびを知らない人には全くわからないからなぁ。
いいか悪いかは別として、
2人が愛されてるしるしではあるから、嬉しかったけどね。


モーツァルト 女性口説き曲
ファウストの時もそうだったけど、
河合くんどんどん声が伸びるようになっていって、毎回楽しみだった。
ただ、ある一点だけ出にくい音らしく、そこは楽日もイマイチだったけど(笑)
いやでもルードウィヒとのハーモニーはナカナカ聴かせた。


ルードウィヒ 歌
橋本くんの声はやっぱり素敵。
一つ残念だったのは。
お母さんが死んだあとに歌う曲、泣きすぎて歌えない時があったこと。
歌もあって始めて完成するシーンだから、歌えないのはまずかったと思う。
実際、母の愛にあふれたあの歌詞は観客にこれでもか!って訴えるから。
ピアノを失敗するより何より、それが残念だった。


公演前ピアノ練習の話で。
河合くんが「弾きながら歌うのとかある。後輩に言ったら“一ヶ月でそれは無理”と言われたから、逆に絶対やってやろうと思う」みたいな事を言ってたけど、どうやらそれはできなかったらしい。

初日前の会見にて。
ルードウィヒがピアノ弾くシーンで、手元が見える角度にピアノ位置が変わった、という話で、河合くんが「僕のはこのままでいいですから!」って千住さん?に言うくだりがあったけど、ユリシーズも手元見える角度で弾いていたので、もしかしたらアレは初めは見えない予定だったのかも…。
河合くん残念だったね(笑)

 

今回のこの体験は、二人の中にはどういうふうに残るのかなぁ…。

河合くんは河合くんで、多分すごく印象に残る舞台になったのは確かだと思うけど。
じゃなきゃえびブロにあんなに書かないと思うし。
まあ河合くんに関しては心配はしてない。

はっしーだよな。
なんか最近すごくはっしーのことが心配な私。
なんでかって…うーん。
なんとなく…。