読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合郁人とA.B.C-Zが最強

A.B.C-Zのパフォーマンス力に惚れ込みました。中でも河合くんのダンスと歌と芝居が大好きです

河合くんについていろいろ言うだけのコーナー

1月7日のレコメンにて。
皆でCMに出たいって話があったじゃないですか。
 
あそこで、河合くんがものすごい変化球投げて
おそらくその場にいた全員が盛大に「???」ってなった瞬間がありました。
 
「タイでCMやりたい!」って言ったんですよ。
あと、「ラジオのCMがやりたい」
 
河合くんは当然のように
「曲がったところから行こうかなと」
「僕たちはまっすぐ行っちゃいけないと思う」
「まっすぐ行っちゃうと、通れなくなったらずっと通れない。曲がって行ったら他に道があるかもしんない」って声を大にして力説してて、
それはもう塚ちゃんが失笑するレベル。

私ちょっとカウンターパンチくらった気がしまして。
 
これマジだ。と思ったんです。
 
あんなこともこんなこともえび担を驚かせる仕事全て、
この人マジどころかむしろ進んでやってるつーか
もう本人が指示出して取ってこさせてるんじゃないかくらいの本気度を
感じてしまったんですよね。
 
 

 
…ちょっと前から思ってたんですけど…。
 

この人は自分達が実現可能な事・不可能な事をすごく考えていそうだなと。
 
それは様々な情報の寄せ集めから私が勝手に思っていたことなわけですが、
それがある程度はっきりしたのが、
ルードウィヒの時にはしこと2人で出たジョンカラーズ。
 
「東京ドームでももちろんやってみたいけど、お客さんとは遠くなっちゃう。
ツアー自体はホールっていうのが自分達らしいのかも」

一応表向きは“僕たちがんばります!がんばってどんどん大きくなります!”って
姿勢を見せているわけですが、実際はこんなに冷静なわけですよね。
(まあ実際がんばらないと一回のドーム公演だってできないわけですが)


これを経ての今回の発言。
 

まさかそこまで考えているとは。
 
彼はそうやって曲がった道行って辿りつく先まで考えてるんだろうかいないんだろうか…。
 

 

河合くんて本当に計り知れないなぁ。
 
ものっっっすごく乱暴に言うけど、いい?

一見、おバカそうでもあるじゃないですか。(あ、お勉強はね、うん…)
 
もちろんある部分では頭いいんでしょうけど、
その頭の良さがどの辺りで発揮されているのかが普段あまりわかんないんですよ。
だからいきなり
“コンサートの構成考えました”
“衣装は河合が主にスタイリストさんと…”とか言われてびっくりするみたいな。
 

あと…行動のどこからどこまでが計算なのかとかもわからない。
彼の場合めっちゃアイドルスマイルしてたり
きゃいきゃいはしゃいでたって本当かどうか信用できないし、
逆に、でもそれも素であるんだろうとも思える。

でも面白いのは、“この人すげー計算してるな”ってバレバレなのに、
そこがかわいいんですよね。彼の場合。

計算して計算して努力して頑張ってるの見て
“あーはいはい。よしよし頑張ってるね^^” と思ってしまうという。

そこはね、きっとこの人の天賦の才能なんだろうと思う。
なんだかんだ言ったって、この人愛されキャラなんですよね。


でもすごいよね。
それはもう、他のタレントさんにももちろん言えることなんだけど。

すっごい挫折とか成功とか修羅場とか通り抜けてきてさ。
それでもまだあんなにピュアなキラキラを持っていられるって、
私には想像もできないわー。

 


 
…うすうす感づいてるかもしれませんが、
この文章迷宮に迷い込んでます(笑)
 

じゃあ迷宮ついでにもう一つ書いて終わろう。


河合くんてなんでこんなにかっこよくなったんだろう?って考えた時、
それは多分 “こうなりたい” っていう気持ちだけじゃないかと思いまして。
強い強い憧れの気持ち。


で、だとしたら、その強い気持ちはどこから来るんだろう。
何故彼はアイドルになりたいんだろう。
どこまで行ったら彼は満足するんだろう。
って、どんどん考えてしまうのですが。


もうね、そうなると心の闇の部分まで踏み込まないとだからね。
わからんよねいくら考えたって。


…うん。そう。
心の闇の部分からそれは来ていると、私は少し思っていますよ。
一万%妄想だけどね。