読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合郁人とA.B.C-Zが最強

A.B.C-Zのパフォーマンス力に惚れ込みました。中でも河合くんのダンスと歌と芝居が大好きです

われらがときめき担当

とっつー 雑誌etc.

いやーーーーーーーー!!!!!!


ちょお!待てや!(なぜか関西弁)


恋ヴァの戸塚さんの記事見て泣いたヤツ手を上げろ!


はい!!!


だって!かっこいいんだもん!

いろんな意味で!


なんかもう本当に“主演男優”なんだな…って(;_;)
しかも今を時めく女優の相手役で。
しかも監督さんは熱海殺人事件の戸塚さんを見て「すごい」と思ってオファーしたとか
言ってくれてて。

…そんなことって本当にあるんだねぇ。
下積み長くて舞台で頑張ってる人なんてたくさんいると思うのに、
その中でも戸塚さんに目が止まったなんて、
まるでシンデレラストーリーみたいじゃない?
もちろん戸塚さんは全くの無名の新人とかではないけどさ。

 

…それにしても。

インタビューで少しそんな話があるけど、
戸塚さんて本当に“そういう見た目”だよね。
本人の内面は必ずしもそれにはそぐわないのに…(*^_^*)

伊坂さんには「ときめき担当」と言われ。
本人(多分)「ちょっとやってみるか!」くらいの感じで「ときめきイマジネーション」を
作って歌ってみたら(多分)とても評判が良くて。
そして念願の映画ではまさに「ときめき担当」の配役が回ってきて。

これは言霊効果ですか?(笑)
これって今後どうなっていくんですかね?

4月には映画の番宣でいろんな番組に出れるかもしれないけど、
多分その場では全く「ときめき担当」な仕事ができなくて終わるんじゃないかと
私は思っているんですが(べつに下げてるわけじゃないぞ(笑))

でももし、恋ヴァで誰かに目をつけてもらったら、
また「ときめき担当」な仕事がくるかもしれないし…。

逆に番宣でぐだぐだな戸塚さんを見てそこに目を…付ける人…いるかなぁ?(^^;;


えっとー。

わたし的には。
生活にだらしない男の役とか見てみたいですね。
昼間から薄暗い部屋でTシャツジーパンで缶ビール持ってタバコくわえてるみたいな。
…でもこの役だと激しいベッドシーン出てきちゃうな却下。
あとは、深夜食堂のお客とか(笑)
冴えないサラリーマンで、「あのっ僕っ。好きな人が…ニューハーフだったんです…!!」
ってマスターに相談するの。
あとはねー。
ほっそいメガネかけたエリート銀行員でちょう嫌味なヤツとか。
…なんか楽しくなってきた。

 

 

しかしやっぱ日本映画マガジンのグラビアはヤバイということが確定した。
今後も期待大。