読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合郁人とA.B.C-Zが最強

A.B.C-Zのパフォーマンス力に惚れ込みました。中でも河合くんのダンスと歌と芝居が大好きです

1607 TVガイド person 河五

五関さんのビジュアルがかなり高得点。
郁人はイマイチ私の好みじゃなかった。かっこいいけどね。

小さめの写真、お互いの顔を手で被ってるやつとか
寝転んだ横顔の向こうにもうひとりがいてぼんやり写りこんでるのとかすごくいい。
できれば向こう側の表情も見たいのに見れないとこがなぁ…っ


テキストは…
リード文の“郁人がドリンクのキャップを開けられなくて五関さんに開けてもらって
2人でクスクス笑う”場面でもうしんだ。
照れて笑っちゃう郁人。その郁人見て笑う五関さん…(多分)
ほんと…あんたら…


本文は…。なんかいろいろありすぎて。

いつも思うけど郁人の頭の中ってどうなってんだろー。
演出・構成だけじゃなくて、振付のイメージまで郁人発信なんだもんなぁ。
普段の印象からは本当想像できない。

五関さんが振付全直しに対して「ぜんぜんいいよ」っていうのは
凡人の私には想像もつかない…
私だったら怒るし凹むし嘘でも「いいよ」なんて言えない…。
これもいつも思うけどこの人の頭の中ってどうなってんだろー。

メンバーがどういう風に制作に関わっているのかという部分は
想像しながら読むとめちゃ面白い。
さもありなん。

あと、ステージ上からファンをこう見てるのかとか。
うん、やってるよ。カチカチ(笑)

個人仕事がなかったからだろうけど、
五関さんのニューヨーク話振ってくれたのありがたい。
違うスタジオに行ったって言ってたけど、先生は同じ人だったんだね。
うん。そのメリハリは大事だよー。
今より2割増くらい、重い動きも欲しいです私。
そして来年は違う先生に習おう。
五関さんが苦手なダンスの先生に習ってみよう(言ってみとく)


この記事の中で一番おっとなったのは、郁人の怪我の話で。
「もう(怖さは)克服したと思う」って。
それが本当ならすごく嬉しい。
もちろん、じゃんじゃんやってこ!とは言わないけど。
でもやらざるを得ないなら怖さなんて無い方がいいんだから。
(でもそんなの聞いちゃうと去年言ってたロンダートバク転への夢が膨らんでしまうなぁ…)


締め、2人の言葉とても好き。

郁人はコンサートについて語ってて、けっこう私の考えてることと近かったから。
(でもドームでやりたいって言ってなかったっけ?(笑)
多分、それもやりたいことのうちの一つってことだったんだろうな)

五関さんは、グループを俯瞰で見てる感じがすごくいい。
年齢重ねてるけど、これからもっとアイドルっぽくなるかもしれないし、
逆に男性的な部分もでるかもしれないと。
そして自分もキスシーンするかもしれないとかまで。

…この一言、結構すごいと思うんだけど。
もしかしてこの人の頭の中、ファンが考えてるより可能性無限大じゃない?
キスシーンする未来やら個人ラジオやらあんなことやこんなことや、
いろんな未来がこの人の頭の中にはあるんだと思うと、なんかめちゃ嬉しい。

でも五関さんのキスシーン想像したら既に死にそうだからやめてほしい気もする…
でも見たい…


パーソンさん、今回裏話もめっちゃたくさん公開してくれて、
内容も濃くて、本当にありがたかった。
ちょっと高くて(お財布には)痛いけど(笑)
今後共A.B.C-Zをよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

あと一つ。書き忘れた。

今回の写真みてすごく思ったんだけど、五関さん、目がいい。

どこかとても深いところを見つめているみたいな瞳。
何もかも知っているみたいな瞳。
すごく饒舌な瞳。
いろんな表情を持ってる。

…チェリーズ山本監督の言葉をここでも思い出すなぁ。
「彼は表現欲求がすごく強くて、カメラの前に立つとそれが爆発する」