読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合郁人とA.B.C-Zが最強

A.B.C-Zのパフォーマンス力に惚れ込みました。中でも河合くんのダンスと歌と芝居が大好きです

160703 コインロッカーベイビーズ 7回目8回目

やっと上げます。なかなか書けなくて。


大阪、3日マチソワしました。大楽。
一週間くらい経つけど、思い出すと、夢の中のことみたいな気がする。

ハシは、大楽のハシが一番好きだった。
一番好きな「生きる!」だった。

これも大楽。キクの「言わねえとぶっ殺すぞ!!」がすごくてヒヤッとした。

私の席が悪かったのか、音は赤坂の方がよかったなあ。
広すぎるせいもあるかもだけど、マチネは特にセリフ聞き取りにくかったりもあった。

私は1階後方だったんだけど、3階席行ってみたらすごい高さだった。
つむじばっか見えそうな(笑)

 

いろいろ書きたいけど、ちょっとまとめ的に。

改めて振り返るとねー。

音楽、すごいよね。長谷川さんすごい。

そしてもちろん、バンドの皆さん。
毎回生演奏だなんて。
贅沢をさせて頂きました。

そこへもってきて更にROLLYさん。
まさかギターが弾けるのがDの条件ではなかったでしょうに、
プラスαのROLLYさんのギターのはまりっぷり…

シルビアさんの歌は最高で毎回泣きました。
本当に毎回毎回。

昆ちゃんの可愛さと歌の上手さには脱帽。
ワニの国最高でした。

芋洗坂さんの芸達者ぶり。
毎回良かったけど、大楽のタクシードライバーの演技、すごく好きでした。
あ、カテコのウィンドミル、一応一回は回ってたのすごい。

真田くん。
実はLegendツアーの時に初めて真田くんいいなぁと思ったんだけど、
今回改めて見て、パンフのテキストを読んで。
頭いいんだね!(←(笑))
そしてあの振り切った演技はすごい。

キクのお母さん、和代さん、パーマ頭の女。弁護士。
それぞれ違う人が演じてるとしか思えなかった大西多摩恵さんすごかった。

岡田さん。
精神科医が毎回変わるのでちょっとドキドキしながら見てました。
赤坂での後半くらいのが一番好きでした。
(実は一度劇場外でお見かけしたらすごくかわいい感じの方で意外でした^^)

 


この舞台、個人的にすごく満足度が高くて。
ほとんど、ダメ出しみたいなのないんだよね。
全てがうまく絡み合って高めあって、
同じ目標に向かって全てが進んでいってるような気持ちよさがあって。

脚本・演出 木村さんの長年の思いは昇華したのだろうか。

結局、原作者さんは見てくれたのかな…。

はしちゃんが赤坂で「きっとよろこんでくれる!」みたいなこと言ってたよね。
それ聞いて嬉しかったな。
その自信はすごいじゃん。

はしちゃんは、この仕事でお芝居好きになったかなぁ?
今まで特に何も…聞いたことないけど(笑)

郁人はお芝居好きになって、これからのお芝居変わってくるのかな。
もちろんオファーありきなんだけど…。
次のお仕事も楽しみだなぁ。

 

…最後のカーテンコールでの2人の様子は、実はそれほど覚えてない。
席かなり後ろだったのもあるし。
(カテコではあまり双眼鏡使わない主義。全員を見たいから)
でもいつもの演奏が終わって?2人がすごい勢いで上手下手から飛び出してきた時
めちゃハジけてたこととか。
何度も(確か3回)ハグしてたこととかは覚えてる。
しかも左右から来てお互い飛びつくみたいにしてたり
ほっぺたくっつけるみたいにして握手して片側の肩を抱き合ったり
普段の二人なら絶対しないようなことをしていて
ああ、今まで張り詰めてたんだろうなぁとか思ったりした。
ROLLYさんの演奏にめっちゃノリノリでぴょんぴょんして腕振り回して。

郁人の涙は本当にビックリした。
他の出演者がはけた後、郁人が何か言って(これ、マジで聞こえなかった)
客席がざわっってなったから、あわてて双眼鏡覗いたんだよね。
そしたら、手に持ったシャツで顔抑えてる郁人がいて。
はしちゃんに「カッコわる!キクは泣かないよ!カッコわる!」とか言われて
「そうだキクは泣かないんだ」ってシャツを外したはいいものの涙は止まらないらしく
両目は真っ赤で、指で目の下を何度か拭って。
ゆっくり喋りだしたんだけど、ちょっと涙声で。

最後ははしちゃんが郁人をハグして頭ポンポンして。

…これ見て泣かないファンいないよね…。


何を思ったのかな。
ちょっとだけでいいから、ラジオとかで教えて欲しいな。


はしちゃんが挨拶で「再演したい」って言ってたけど、
私はよくわからない。

だって、本当に今回の作品が好きだったから。

一番嬉しいのは、円盤。


スタッフの皆さん、出演者の皆さん。
素敵な作品を観せてくれて、本当にありがとうございました!!!