河合郁人とA.B.C-Zが最強

A.B.C-Zのパフォーマンス力に惚れ込みました。中でも河合くんのダンスと歌と芝居が大好きです

河合郁人誕生日によせて

遅くなってしまったけど。

お誕生日おめでとう。


生まれて初めてスポーツ新聞を買った。
ジャニヲタとしてはめずらしいのだろうか。
私は記念日とかあまり気にしないタイプだし
スポーツ新聞の保存をどうしていいのかわからないので
今まで買ったことがなかったのだ。

でも今回は。

21日の朝にTLに流れてきた各紙の記事の写真が素晴らしすぎて…

そして何よりも

制作発表でもなく初日でもなく千秋楽でもなく
河合郁人のために取材陣が集まったというその事を、
私的に残しておきたかったのだ。
もちろん名目は「日生劇場誕生55周年」だったのかもしれないが、
メディアが取り上げたのはほぼ「河合郁人31歳のバースデーカーテンコール」
だったではないか。
いくら普段「記念日か…ふむ」な私でもこれは買うしかなかった。


それにしても本当にあのお写真たちはすばらしいよ…
まあ主に郁人と五関さんの表情なんだけど(笑)
いや戸塚田もなかなかだけども
五関さんなんてまるで自分のことのように嬉しそうな顔してません…?
レポを読んだらはしちゃんもいろいろと活躍したようだし
ほんとうにこの子達はもう…(;_;)

更にジャニウェブのレポも素晴らしかったなぁ!
あの写真保存しといていいとか神じゃないのマジで!?!?!?!?


それにしても疑問なのは
あの取材陣を呼んだのは誰なのかということだ。

普通記者会見て会見する側が「やりまーす」って言って開くものでしょ?
この場合は「55周年」の日生劇場か事務所(かジャニーさん)しかいないと思うんだけど
劇場側がってちょっと考えにくいし
事務所そこまでえび推す?って感じだし
てことはジャニーさん???

ってか河合郁人の誕生日をどんなふうに祝うか!?で
ウラでどんな話し合いが持たれていたのかを考えるとなんかすごいよね。
そして今年ここまでやってしまったらもう来年はどうするん!?ていう
心配をしてしまうわ(笑)
(来年は入れたらいいなー)
(そうです今年は入れませんでした)

 

まあとにかくとにかくおめでとう。
君の笑顔がこの一年も曇ることなくいられますように。
お仕事たくさんできますように。

 

 

 

コイベビ終幕

本当にもう書くことへの意欲が全く沸いてこないここ2年ほどなんだけど、
(あ、それは愛の問題ではなくて純粋に【書く】ことへの意欲の薄まりです)
やっぱりコイベビについては書いておかないと。

でやっぱりね。いい事だけは書けないから。

そこんとこご理解くださいね。読む読まないは自己責任でお願いします。

 





結論。私、やっぱり初演が好きだったなぁ。
出来が良かったとか悪かったとかではなくて。
ふみとのキクが信じられないくらいかっこよかったとか
はしちゃんのハシがめちゃくちゃに壊れてたとか、
衝撃みたいなものも含めてね。

再演は役柄入替それぞれ3回ずつ(計6公演)を東京で
それから富山で2公演観ました。

「コンサートを間にはさんで、役入れ替えの時も休演日挟まず、
というのはやはり無理があったのでは」という印象は受けたなぁ。

やっぱりコンサートの翌日や役入れ替え直後なんかは
キャラクターが少し弱くなったような気がしたので。
できるならそういう無理のない状態で、挑ませてあげて欲しかった


以下、思い出すままに。

パンフレット
ふみとがめちゃくちゃにかっこよい。
今までの写真の中でもかなり好きな感じ。
そしてテキストも素晴らしい。
キクのこと、共演者のこと、後輩のこと、いろんなことを考えていて、
感心してしまった。
惚れ直したよ。



キャラクター

私が一番好きだったのはハシきゅん。
初演も入れて考えると、
一番好きなのが再演のハシきゅんか、初演のキクきゅんか、というくらい、
再演ハシきゅんはすごかったと思う。
(河合担なので色々ご理解ください)

河合くんのハシは本当に年齢が15歳くらいに見えるほど幼くて、
それは精神性の話なんだけど、
さらに身体のサイズ感まで小さく見えたのがすごい。
二回りくらいは小さく見えた。
そのくせ歌声はしっかりしていてぶれなくて、
「青い舌」ではどっっっっエロく踊るし。
もともと河合くんはダンスうまいと思ってるしその実力は知ってるつもりだったけど
あんなエロいダンス今まで見たことがなかった。
エロく踊れって言われたら踊れるんだ…ふ~ん…
あとそうそう、「青い舌」歌い終わった時Dに後ろから胸揉まれるんだけど
その時の表情が…はっきり言ってR指定
あ…そう。そういう顔するんだ…ふ~~~ん…(多くは語るまい)

そう言えば、ハシきゅん公演を最初に見たから、
キクきゅんになった時はびっくりした。
ハシのソロ曲ってめっちゃ多いのね。そりゃ歌手の役だからそうなるのかもしれない
けど、
対してキクってソロでは2曲しか歌わない。
再演で初めて気づくっていう汗
そして気づいて「やだぁ~~もっとキクの歌聴きたいよ~~」ってなった。


再演キクについて。

再演のキクは…優しくなってた。
初演では笑顔なんて見たことなかった気がするけど、
再演ではアネモネにはめっちゃ優しい笑顔を見せていて。
特に「鰐の国」を歌うアネモネを見ているときの顔はたまらなかった。
普段の河合ふみとにモテ要素なんて全く無い(失礼)
どころかマイナス(本当に失礼)ですらあるのに
その時だけはガチのリア恋男に見えてしまったんだから相当なもの


河合くん

河合くん、めっちゃ歌うまかった。
そりゃーシルビアさんとかと比べたらあれだろうけど。
あとセリフと歌の境界が超自然なのすごいと思った。
もともと地声と歌声があまり変わらない人だからなんだろうけど。
ミュージカル向いてるよ。もっとやろう。


原作と舞台について。

実は再演を何回か見た後に原作を再読し始めたんだけど、
驚くほどに初演のハシとキクがイメージぴったりだった。
そして、初読の時はずいぶんと苦労して読んだ記憶があるのに、
2度目はとても楽しく読めた。
何故かと言えば、原作を読んでいると舞台の様々なシーンが思い浮かぶから。
そして「ああ、このシーンはそういう意味だったのか!」とか
「このキャラクターはこんなこと思っていたんだ!」っていう気づきが、
沢山あったからだと思う。

舞台が、原作を補完してくれたという感じ。

改めて、演出の木村さんの原作愛を感じた。
(まあ元はと言えば原作を原作だけで理解できない私に問題がある(笑))


富山公演

舞台とは関係ないけど、富山好きになった。
寿司しか食べてないけどごはんおいしかったし(白えびは特に)
日本酒もおいしかったしお土産も全部好評だった!
また行きたい。

で、舞台なんですけどね。

正直に言いますよ。
正直に言いますから覚悟してください。


大千秋楽は個人的にはいまひとつでした。









その理由聞きたいですか?
○本担は聞かないほうがいいですよ(言っちゃった)






前半からセリフ変えるし無いセリフ入れるわでめっちゃハラハラした。
二幕では何やらかすのかと幕間もハラハラ。
二幕クライマックスのニヴァを刺すという物凄く大変な場面で立ち位置変えるし。

……今でも許せていない…。


秋山くんと福士くん

見る度によくなっていく気がして、頼もしかった。
タクシードライバーが一番、最初と最後の頃では変わったかも。
逆にタツオは最初からわりと一定だったんだけどそれがすごいなと
MADEちゃんたちのことは全然性格とか知らないんだけど、
福士君は見た目からしておとなしいイメージだったから。


カーテンコール

オーラスの日、東京でもやってくださったけど、
ROLLYさんがスペシャルな演奏をしてくださった。
ROLLYさんもきっとこの舞台が大好きだったんだろうな。
挨拶の時には、はしふみ2人のことをとても褒めてくださって。
シルビアさんは「とても振り回されました」って少し笑いを含む感じで言っておられた。
(それについては本当に申し訳ない)


でもまあとにかく全て終わって、本当にこの舞台が大好きだなぁと思った。
二人にとって大切な舞台だろうけど、私にとってもだよ。
素敵な舞台をありがとう。
そして次の舞台も楽しみにしてるからね。

お疲れ様でした!

ツアーが始まったねえ!

今わりかしえび熱高いです。

 

なんかちょっと低い時もあったんだけど、

ジョーダンバットが鳴っている」を手にした時から、なんだか熱がグングン上がってきた感じ。

やっぱ戸塚さんの愛はすごいパワーを持ってるねぇ。

 

ツアーは神戸2日目の2公演に参戦。

…今年も最高だよ。

中でも私がたまらんかったのは生歌の多さとMCのはちゃめちゃ加減(笑)

それと五関さんが全て作ったというROUND1

 

 

歌はさ、基本ソロパートは生歌、2人以上のところは被せか口パクだと思うんだけど、

今年は五塚のソロパートが増えたから、必然的に2人以上の部分が減ってるわけで。

ということは生歌が増えてる。

なんだけど、今年は…

なんか2人とか3人とか5人とかで歌ってるところもめっちゃ生な気がするんだけど⁉︎⁉︎⁉︎

え?どういうこと…?

いやもちろん全部じゃないよ。ダンス曲とかアクロバット曲は当然違うだろうし。

でもなんかそう聴こえる曲が意外にあったような…。

 

正直私、去年の「GLORY DAYS」ホントに生でしたか⁉︎と疑ってたんですけど(要はうますぎたから)

今年「え?これ生じゃね⁉︎」って思ったところは、それなりに歌えてるけどちょっと音がズレたりして明らかに「生」な感じがしたわけです。

今言えるのは「ツカズハナレズ」と「Forget How To Forget」はかなり生なんじゃないかということかな〜。

あと「街角」の凸五と郁塚パートも最高だよ〜(T ^ T) 

 

プラス、みんな去年より上手くなってると思う。確実に。

(テレビでもこれ出せたら最高なんだけど、出せるかな…)

 

あとMCね。

 

えびちゃんトークは基本面白いけど調子出ない時もたまにあって、そういう時は告知ばかりになってしまうんだけど、私が入った神戸2公演は私的に過去最高か⁉︎ってくらい笑ったんだよね。なんか話が面白いとはまた別に、えびの(特に河合郁人)の様子が面白くて。

もうさあ、話したいこといっぱい!あれは⁉︎これは⁉︎って感じでどんどん話が脱線していくわ、はしちゃんが「男子トークになってるからやめよう」って優しく言っても耳に入らないのかゲームの話を続けるし、でもはしちゃんが次に「女の子が喜ぶ話ししてよ」って言ったらちゃんと聞こえてたから多分さっきのは聞こえてたけどどうしてもゲームの話したかったんだなとか…。

バッグ頭からかぶったりみんなのペットボトルに口つけて渡したり

 

…なんたんだあの人…ただの甘えん坊…

(知ってた…)

 

そして今年もはしちゃんが確実に成長してくれてて頼もしいったら…

 

 

 

そして五関さんのROUND1

 

これについては何も言えません。

ただ最高とだけ。

しかしあの人の頭の中からあれが生まれるとは…

本当に底が知れないわ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

超ひさびさにドル誌の感想など

2018年2月号(取材は17年12月上旬)


W誌

写真が好き。WUさんはホントにいつも写真とデザインが好き。
あと座談会が面白い。
この5人の座談会ホントいつも面白い。
ていうか4人とも塚ちゃんに胸ぐらつかまれたことあるんだね。
ところで有馬温泉のお仕事ってちゃんずーだよね多分?
早く見たいなぁ。
しかし温泉行っても部屋でシャワー浴びる五関さん…。
筋金入りのめんどくさがりか?

 


ポ誌

…また脱いどる。殺す気か。

こういう時五関さんて本当に身体の使い方がうまいなぁと思う。
ていうか表情も顔の角度も身体のひねり具合も髪型もジーンズの色合いまでも
私のツボすぎる。
額縁に入れて飾りたいレベル。

…で、戸塚さんてこういう時どうしていつも半ケツなの…
普段は絶対そういう履き方しないくせに…


PO誌

はしちゃんの“五関さんをイジリすぎちゃダメ”なくだりがいい。
そういうところだよなぁ。
はしちゃんは本当にそういうところ聡いし
郁人は本当に疎い(笑)
私がえびにはまった当初「河合くんは五関さんに甘えすぎなんだよ!」って
プンスカした記憶があるんだけど(笑)
今もあまり変わらないのかなぁ。
でもMCやってる時の人に対するツッコミとかは絶対優しくなってるから、
やっぱり五関さんには無意識に甘えてるのか。

その郁人が言う「A.B.C-Zの取り扱い注意事項」可愛すぎ。
1、「みんな真面目だから注意されたらちょっとテンション下がる」
2、「でもお寿司とお肉を与えれば機嫌が良くなる」

きっと注意されても全然平気な人もたくさんいる世界だろうし、
その中で「下がっちゃう」部類なえびちゃんたち可愛いし、
でも普通に「お寿司とお肉で」上がっちゃうところも小学生みたいで可愛いという。


えっ戸塚さん、英語勉強しようとしてるの…?
さすがすぎない?

塚ちゃんが女性に求めるものが「例えば群れないこととか」って言うの
カッコよすぎかよ。


えびかるたで2018年の抱負
「お前なんでも向かってくるな!」って言われたい郁人。
そういうとこ、信頼しかないよなぁ。
「刺激を受けて引き出しが増えたらいいな」な五関さん。
…やっとそこ(笑)
「自分をコントロールできるようになってきた」戸塚さん。
それはすごいこと。
戸塚さんに足りなかったものベスト3くらいに入るのでは?
でも自由は失わないでね。


D誌
毎年恒例?の1年のスケジュール妄想
はしちゃんが流石すぎる。

はしちゃん甘酒好きなのか~。
私も今年数年ぶりに飲んだよ。
でも3杯は無理だろ。
橋本にチョコ手渡ししてもいいよ会ってWW
そのネーミングセンス好きだよホント。
ソロデビューの時にヤギのお面つけてようかなとかなんなの。
何でヤギ!?
コイベビがドラマ化!?そんなに好きだったのね嬉しいよ(;_;)
ってか今年もジャニーズ伝説やるの…
ってかまっちさん伝説はカンベンして欲しい。ゴメン。
ってかまだパリピ言ってる。
ってかごはんすら行ってあげないのに戸塚さんに沖縄旅行2人で行こうとか
どんだけツンデレ
ってかメンバーでクリスマスパーティしたいとかどんだけかわいいねん!!!

ツッコミどころしかない。


ふみちゃんのは、
ちゃんずーの企画で五関に免許を取らせる
が秀逸。
本当に本気で取って欲しいと思ってるんだろうな(笑)

その五関さんはというともう全編本気の妄想というかストーリー作っちゃってる。
そんなに演技のお仕事したいのね…
切ない…。
せめて舞台は決まって欲しい。切実に。
私のためにも、五関さんのためにも。

塚ちゃんのはホントに夢と現実と妄想が渾然一体となってて最高。
将来の夢まで明かしてくれてるし。
「子供たちに身体を動かす楽しさを教える」
のが「塚ちゃんの夢」なんて、最高すぎるでしょ。
しかも超忙しいだろうにちゃんと「インプットしよう」って思ってるの
偉いよなあ。
ブレずに尾瀬か好きなとこもいいなぁ。
「さくらの海鮮丼」は笑った。
そして五関さんにダンス留学して欲しくてコンサートの演出して欲しい塚ちゃん…(;_;)
そしてケンカしたくて仲直りしたい塚ちゃん…(;_;)
それってその経験値があるからだよねきっと。
意見をぶつけ合うことの大切さを知ってるんだよね。
そしてえび座の全国ツアーを願ってる塚ちゃん(;_;)
ってか大型特番で壮大なドッキリを仕掛けられて話題になろうとする塚ちゃん。
歌で無理ならそっち方面てこと?
流石すぎるだろ~~~。

最高オブ最高な塚ちゃん。

 

総じて、2017を振り返って2018の展望、って感じの質問も多かったんだけど、
5人とも演技のお仕事大好き!って感じなのね。
いやもちろん私も好きだけども。
でもコンサートよりも個人仕事の舞台とかの感想・希望が多かったからさ。
意外というのも違うんだけど、「へぇ~~」って。(笑)(伝わらん)
あ、でももしかしてコンサートは5人でやるベースだから、
個人で外でやる仕事増やさないとな!ってことなのかも?

うん、なんでもいいよ!
今年もたくさん、いろんなものに出てくれれば!
今年もよろしくね~~!!!

 

180106 13:00~ 蜜蜂と遠雷 リーディング×オーケストラコンサート

あけましておめでとうございます。

ってことで「蜜蜂と遠雷 リーディング×オーケストラコンサート」
行ってきました。

さっきついったに色々書きなぐったんだけど
なんとなく書きたい衝動が来たのでこっちにも。


なんかあまりいいこと書けなくて、
新年一発目これでいいのか…とすごく悩んだんだけど。
ごめんなさい。
次はもっといいことをかくようにする。

 


ネタバレ注意。
あと、悪意は全くないけど悪い点もめちゃ書いてるから
それが嫌な人は読まないでね。
あくまでも私の意見ですのでそこんとこよろしくお願いします。

 

 

 

 


とりあえずホールに入ってステージを見た瞬間
「…うっわ…」って口から出た。
クラシックコンサートむかーし何度か行ったけども。
やっぱえびの現場ではない雰囲気だからねぇ。
あと多分ホール自体がとても綺麗で素敵な雰囲気だったからだろうな。

そこに登場した東京フィルハーモニー交響楽団の皆さんの演奏はとても素敵だった。
ピアノも!

三次のマサルの曲の時に川田担か!ってくらい川田さんを見てたんだけど、
ほんっとうに集中がすごくて。
腕の使い方とか見てるとものすごく筋力も使ってるのわかるし、
演奏家って本当にすごいなと思った。
10分20分、長ければもっとの曲を、あの状態で「表現」し続けるんだもんなぁ。
思わず、コンサートで何曲も何曲も踊り続けるえびが頭に浮かんだよね。

…それにしても私、かなり川田さん好きな気がする(笑)
るーちゃんの時の演奏も素敵だった…。


その他の登場人物、ストーリーテラーの方々は、
お芝居に関しては、湖月さん朴さん橋本くんは安定してた感じ。
だだ、レオちゃん、すごい。
かなり英伝亜夜ちゃんだった。
途中心の中でレオちゃんを亜夜ちゃんて呼んで、自分でアレ?ってなるくらいには
亜夜ちゃんだった。


そして歌。
木村さん優勝は当り前か。
あとはレオちゃん!
知ってたけどうまいよねー。
そして声がキレイ!クセがなくてまっすぐな歌い方も、
亜夜ちゃんにピッタリって感じ。

はしちゃんは、サティの歌は良かったな。
多分音程も息継ぎもめっちゃ難しい歌だと思うんだけど、
ほぼ完璧だったと思うんだよね。
めっちゃ練習してると思った。

 

 

全体で気になったのは

まずキャラ設定な。
あんなに素敵な原作にもかかわらず、
なんか三流昼ドラマみたいな人物像に書き換えられてて
あまりのセンスの無さに拳を握り締めた。

あとはステージングの詰めの甘さ。

前半登場人物が出てはハケ出てはハケてそのたびお辞儀してテンポ悪いし
そこ座って聴くんだ!?とか
ある場所でお辞儀する人としない人がいたりとか
もはやほぼ本見てないよね?とか
ってか歌うときは本見るフリしなくてよくね?とか
ストーリーテラーがいきなり芝居はじめたりとか
ツッコミどころが満載。

ついでにもっと根本的なこと言うと。

これ多分、「クラシックをいろんな人に聴いてもらいたいから、
何人かの方に頼んで、たくさんお客さんを集めてもらいました」
っていうイベントだったと思うの。
2幕なんて、99%ただのクラシックコンサートだったからね?
(もちろん、それが悪いと言ってるわけではない)
だからオーケストラと曲が主役なんだよね。
なのにごちゃごちゃ登場人物が出てきて舞台上がややこしいわけ。
だから、本当は登場人物いらなかった気がするんだよね。
ストーリーテラーが朗読して流れを作って曲を聞かせて、だけでよかった。


あともういっこ!
決定的に許せないのははしちゃんの衣装のダサさな!!!
赤の燕尾は別にいいよ。許すよ。
しかしいかんせん仕立てと形がダサすぎる!
生地が悪いのか縫い方が悪いのかヨレヨレシワシワだし
形なんか90年代か!?って感じだぞ!?
おまけに言うと、
燕尾服なのにネクタイがふっつーの(葬式みたいな)黒ネクタイって何なの!?!?!?
…理解できん…


台本の日本語に関しては…もうどこをツッ込んだらいいのかわからない。

 


しかしこんなに文句ばっかり書いているようだけど、
プラマイで言うとプラになる気がするのは何故(笑)

まーやっぱり東京フィルの皆さんとピアノソリストの御二方の演奏のおかげですかね。
あとは、演者の頑張り。

 

オーケストラをバックに歌うはしちゃん見れたし。
レオちゃんすごく良かったし木村さん凄すぎたし。

 

うーん。


今日ね、ホールに入った時にも思ったんだけどね。

えびはいろんなトコロに私を連れて行ってくれるなぁ。

ありがとう。

 

 

171027 えび座マチネ 私的千秋楽 

マイ楽の今日、すごくいいお席で見させて頂いた…。
正直1階後方でも充分すぎるくらい楽しめる劇場だけど、
やっぱ近さに勝てない部分もあるわけで(笑)
それは視野が広くなること。
双眼鏡使ってないと目の端に誰かが何かしてるの見えたりとか
ふとした表情が飛び込んできたりとかするんだよね。

今日は2公演なのにみんな最後まで元気だったなー。
ランナーズハイかなもう。
(あと一公演!)

郁人は相変わらずにこにこきゃっきゃしてて
本当にかわいいかった。
髪がジャスト好みだし!
一番近くで見たのはウエストサイドで客席降りたときなんだけど、
近くで見てもお目目クリクリのきらっきらでほっぺがつやつや(してそう)で
死ぬほどかわいくて綺麗だった。
これマジだから。

(笑)


五関さんは痩せてたなぁ!
ちょっと前から思ってたけど本当に顔がげっそりだし
手の指なんが半ばガイコツ…
その五関さん、幕が上がって出てきた時はめっちゃ無表情で全くときめかなかったのに
あとあと体力キツくなってくるほど笑顔になって
汗をかくほどにキレイになっていくんだよ。
ジャニーさぁん…これですか…これなんですか…?
(あっ、郁人の5BOXもこれか?)

はっそういや銀衣装の時、
ウィンクしてなかった!?
ちょっと角度的に見えにくかったんだけどねぇ!?してたよね!?
っていうかその前の金衣装の時もしてたな!?
目にかかった髪が邪魔だったのかという気もしたけど、したのは確か。
その瞬間ぐはってなったからね!
(他の方のつぶやきで確認。「白いパッチ色っぽい」のとこだった!それそれ!)


あとねえ、はしちゃんも何かの時にハケ際、
わらって両手投げチューしてたのめっちゃかわいかった。
かわいすぎて笑ってしまって口抑えたもん(笑)
その時以外も、何度かとても楽しそうなはしちゃんを目撃。
「ジャニーズ伝説」をはしちゃんが楽しめてることがとても嬉しかった。

そしてネバマイ前のセリフが死ぬほどカッコよかった。
「これからの道は、僕たちが切り拓く」
このセリフを。
A.B.C-Zのセンターがね、言うんですよ?
ちゃんと覚悟が宿った瞳でね。
もう「………!!!!!?!!!?!!」って。

A.B.C-Z」や「誰々くん」はともかく、
「ジャニーズ」に対する気持ちをキッチリ見せてもらったことは私の記憶には無かったから。
ビックリした。


戸塚さん。
戸塚さんは語り部役だからけっこうステージ際に来るので、
一番多く近くで見たのは戸塚さんだなぁ。
デボ家玄関のくだりでのけぞって笑うとことかスキがないかチェックしてみたけど
全然なかった。
本気で変な人になって本気で笑ってた。
あと凸汁がかかりそうな時が2回くらいあって、
「あ、いいです」って思いましたゴメンナサイ(笑)
(凸汁っていうか多分半分は髪を濡らしてる水)

(汁といえば一度、最後の最後で五関さんがターンしたとき
すごく飛び散った時があって、「おおっ貴重!」って(笑)
あ、塚ちゃんは一幕の真家さんの本朗読の時から汗びっしょり。
ペンギンさんのベストにポタポタ汗が落ちてた。
これは多分毎度。
そういや、ふみちゃんは気づかなかったなぁ。
汗で前髪が額に張り付いてるくらいだったような)


塚ちゃん。
カテコの時、立ち上がって拍手しながらステージを見上げた瞬間に
こちらの方を見ていた塚ちゃんとド正面で向き合ってしまって
すごい笑顔でお辞儀されてしまった。
「いやそんな私なんかに(>_<)」という気持ちでいっぱいになったよ(^_^;)

 

さてさて今日はMADEさんとトラジャさんもずいぶんたくさん
近くでみさせていただいて。

…いやなんかもう…
みんなそれぞれにめっちゃキレイでかわいくてキラキラしてて一生懸命で
目のやり場に困るくらいだったホント(笑)
あとね、白サテンのスーツの時とか本気でお尻が気になったから
ホントみんな気をつけてな(笑)
(体型もパンツのラインもパンツの生地もな!)


…なんかしょーもない一言で終わりそうになってしまったから
慌てて書くけど、
今日五関さんがな(あっそこ五関さんなんだ?←セルフツッコミ)
本当に踊れば踊るほど楽しそうに綺麗になっていくのを見てな、
本当にいいものを見た…と思ったことを付け加えておくよ…。

 

 

 

あっ。

 

もう一つ、今日改めて思った大事なこと書く。

 

はしちゃんは、やっぱりわんこだと思った。
…もう…立ってるだけで「あ、わんこだ」って思ったの。
ほっぺが少し戻ったからなのかなぁ?

 

 

壁を超えて

ツアーが始まったばかりのころか、もう少し前に書いた下書きに
こんな文章があった。

「えびっていつからこんなにわちゃわちゃするようになったんだろう?」

この疑問を言い変えると「何が要因で~になったんだろう?」である。



いろいろ考えてみたんだけど単純な話、

「仕事が増えたから」が一番の要因かなぁと。

5人での時間が増えれば、そして5人で仕事をするには
コミュニケーションが必要じゃないか。
バックの時とは必要なコミュニケーションの質も量も絶対に違うはずだ。


その中でもラジオは本当にあって良かった。

だってラジオって、「お喋り」なんだよ。
狭いブースで、顔付き合わせてさ。

もちろん台本はあるけど、
フリートークもあるしメッセージには自分たちで考えてコメントしていく。
盛り上げようと思うから、
普段の会話では言わないようなことも言ったりするかもしれない。
お互いにツッこんだりもする。
そしてそこではメンバーが知らなかったお互いの情報もたくさん出てくる。

そうやって、少しずつ、コミュニケーションが増えて、
お互いの間の壁が少しずつ低くなって
どんどんわちゃわちゃしてきた…


ちょっと待ってそもそも“わちゃわちゃ”って何だろう。


あれって、それぞれが、すごく素の状態でいられないと成り立たないよね。

計算して“こう言ったら面白いだろう”とかいうことを言ってるわけじゃない、
自然に出てくる楽しそうな感じを“わちゃわちゃ”って言うよね?


そう考えるとすごい。

お互いをより知った結果より壁が低くなってより自然体でいられるようになって…

だって逆のパターンだってあるじゃん。

でもえびはこうなったんだな。